古い歴史があるテレクラ|電話でオナニーするテレフォンセックスやエロ電話をテレクラで楽しむ

古い歴史があるテレクラ

スマホを持つ女性

最近になって、また話題になりつつあるテレクラですが、最近の若い人の中にはテレクラについて知らない人も多いのではないでしょうか。

テレクラというのは実は略称で、正式名称はテレフォンクラブといいます。
名前で大体の想像がついたかもしれませんが、テレクラは電話を使って男性なら女性、女性なら男性と会話を行うことができる出会いのツールです。
1985年に東京の新宿で第一号店が誕生して瞬く間に人気になり、多くの男女が出会いを求めてテレクラを利用していました。
当時のテレクラは店舗型が主流で、男性が店舗へ赴いて個室で女性からの電話を待ち、女性はフリーダイヤルの番号に電話をかけて店舗にいる男性と会話を楽しみました。

今のテレクラは店舗型のものが減り、かわりにインターネットにサイトを持つ無店舗型のテレクラが増えていきました。
無店舗型になったことにより、男性も店舗へ足を運んだりする必要がなくなったため、より多くの人が利用しやすくなりました。
実際に自分の声で相手との会話やエッチなやりとりを楽しむことができる無店舗型のテレクラは、スマートフォンなど携帯電話の普及が理由で以前よりも利用者が増えていきました。
今では特定の性癖や趣味に対応したテレクラサイトが作られていたり、テレクラは今、昔と同じような盛り上がりを見せています。
人妻やSMなど特殊性癖でも楽しむことができるため、性癖がちょっと特殊だから一般的な風俗ではあんまり楽しめない……という人にも、テレクラはオススメです。